構成要素03 データ活用 Utilizing Data

  • イメージ
  • 取得データをケアプランへ活用し、介護の質を向上

    離床センサが取得した情報から、利用者のベッド上の状態を1分毎に記録しています。日々取得した情報を蓄積して、グラフとして可視化できます。
    ベッドで過ごされている利用者の様々な生活・身体データを解析して介護の質の向上に貢献し、24時間シートの見直しやケアプランへの活用が可能です。

    個々の利用者の生活リズムの傾向を把握

    夜間の状況や起きている時間など、利用者の生活リズムの傾向を把握できることから、24時間シートの見直しやケアプランの作成に活用できます。

取得できるデータ

生活リズムグラフ 24時間、ベッド上の利用者の状態を1分刻みでプロット。
最大で5年分の生活リズムを記録可能。
イメージ
バイタルグラフ ベッド上の利用者の脈拍・呼吸数を1分刻みでプロット。
(医療行為を目的とした使用はできません。)
イメージ
夜間の体動グラフ 夜間帯(18時~翌7時)の睡眠時間/離床回数/体重/脈拍/呼吸数の日々の推移を表示。 イメージ
統計データ 昼間(7時~18時)と夜間(18時~翌7時)の覚醒時間/睡眠時間/離床回数/離床時間を表示。 イメージ

活用例

  • 活用例1
    課題 利用者が熟睡できていないのでは?と推測される
    データ活用 生活リズムグラフや夜間の体動グラフから、夜間、頻繁に体動と離床があることが分かる。 イメージ
    実践・解決 お昼寝の時間を減らし、昼間の活動量を増やしてみる。 イメージ
  • 活用例2
    課題 利用者の体に原因不明の褥瘡を発見する
    データ活用 生活リズムグラフから睡眠時の状況を把握すると、体位交換ができていないことが分かる。 イメージ
    実践・解決 数時間おきの体位交換を実施し、褥瘡を回避。 イメージ

介護ソフトとのデータ連携

基幹ソフトとの連携による、記録の転記などの事務作業の軽減を目指して、
各社の介護ソフトとのデータ連携機能を順次リリース予定です。

イメージ

「福祉見聞録」は株式会社東経システム様の製品シリーズです。 イメージ

Contact